ターンを切り上げろ

学生時代、基礎スキーをやっていた。

やっていたといってもスキー部とかサークルに所属していたわけではないのだけど

冬になると度々ゲレンデに通い、講習や検定を受けていた。

 

 

スキー道具は日進月歩で目覚ましく進化しているので、

最近の道具ではだいぶ感覚も異なるかもしれないのだが、

スキーは基本的に重力に任せて雪面を滑り落ちていくので

スキーの板よりも身体が遅れてしまうことが多い。

身体の重心が板の後ろに乗ってしまうと、板が思うようにコントロール出来なくなる。

特に身体が遅れやすいのは、一つのターンから次のターンに切り替える時だ。

タイミングを間違えると次のターンに入った途端に身体が遅れてしまうことがよくある。

 

 

ターンの終わりに差し掛かった時、次に進む方向にちらりと目を向けつつも

体重を真下にかけてひたすらしっかり板を踏み込んでいると

雪面がふわりと押し返してくる感覚を感じる瞬間がある。

一つのターンが終わり、次のターンに切り替えるのはこの時。

大切なのは、ターンの一つ一つを丁寧に切り上げて、

きちんと終わらせてから次に行くことだ。

 

 

急な斜面や、スピードが出ている時ほど焦りが出て

この瞬間を待てずに無理矢理板を操作してしまったり、

あるいはすでに重心が後ろにあって、板を踏み込めないために

いつまでたってもこの感覚がやって来なくて

これまた焦って修正しないまま、無理矢理次のターンに入ってしまったりしがちだ。

これを繰り返すうちに事態は次第に悪化して、板がコントロール出来なくなり、

終いにはターンすら出来なくなってただひたすら斜面を落下していくか、

もっと悪ければ転倒することになる。

 

 

スキーをやめてからもうだいぶ長いことたっているが

いつの頃からか、人生の中である段階が終わりに差し掛かり

次の展開について思いをめぐらせる時になると

ふわりと優しく向こうから押し返して、「さあどうぞ」とでも言うように

次への切り替えの最適なタイミングを教えてくれた

あの雪面の感覚が思い出されるようになった。

 

 

今がしんどかったり面倒くさかったりして、あるいは今と違う景色が見たくて

早く次の段階に進みたいと、意識が先へ先へ向かいがちになる、そんな時

何度も何度も失敗し転倒しながら、ただひたすら

雪の斜面を上っては下り、上っては下り続ける中で追い求めていた、

あの感覚を思い出しながら、私は自分にこう言い聞かせる。

 

 

「真下に踏み込め。ターンを切り上げろ。」